ピーチローズの使い方とは?お尻以外の顔、デリケートゾーンや妊娠中、生理中でもに使える?

MENU

◇ピーチローズの基本的な使い方・塗り方

 

ピーチローズは1日に朝と夜の2回使用することがすすめられています。
基本的な使い方をご紹介します。

 

まず、手のひらに500円玉ほどのピーチローズを取り出して、人肌くらいに温めてください。
そうすることで、より肌になじみやすくなります。

 

温めたピーチローズを優しく円をかくようにお尻になじませてください。
それだけでヒップケアが完了します。

 

温めて塗るだけのステップなので朝でも簡単にケアできますし、使い続けやすいヒップケア専用薬用美白ジェルです。

 

 

◇より効果的なピーチローズの使い方はある?

 

ピーチローズは美容ジェルであるだけでなく、マッサージジェルとしても使用できます。
そのため、ピーチローズをより効果的に使うのであればマッサージをするように塗り込むのがより効果的です。

 

さらに、塗るタイミングとして入浴後に塗ることでさらに浸透を高められることが期待できます。

 

入浴後はお尻も清潔な状態ですし、古い角質も柔らかくなっている状態です。
そのため、お尻の厚くなりがちな角質でもより浸透しやすくなります。

 

ピーチローズを塗ってお尻の下の方から上にリフトアップするように揉んだり、ほぐすようにするのがおすすめです。

 

 

◇ピーチローズはお尻以外にも使える?

 

ピーチローズはヒップケア専用薬用美白ジェルとして人気が高いですが、以下の場所にも使用することができます。

 

太もも、Vライン、脚、ひざ、ひじ、腕など、様々なボディ部分に使用することができます。
これ等の場所にも黒ずみやシミ、ニキビができることがありますので、ぜひピーチローズを活用してみてください。

 

その他にもどういった体の部分にピーチローズが使えるのかをご紹介いたします。

 

 

◇ピーチローズは顔にも使える?

 

ピーチローズは顔にも使えます。

 

顔のニキビやくすみも古い角質がターンオーバーによって生まれ変わっていかないことが原因の1つです。
顔はメイクをしたりクレンジングを使用したりなど顔は刺激を受けやすい場所でもあります。

 

ピーチローズはメラニンを含む古い角質をケアしながら、肌のバリア機能を高めることが期待できる美容ジェルです。
なのでピーチローズは顔のニキビにもぜひ役立てて欲しいです。
また、ターンオーバーをサポートしてくれるのでニキビ跡にも効果が期待できます。

 

ピーチローズは美容ジェルなのでスキンケアにプラスする場合の使い方は化粧水→ピーチローズ→乳液やクリームという順番になります。

 

 

◇ピーチローズは背中・背中ニキビにも使える?

 

ピーチローズは背中にも使えます。

 

背中はケアしにくく、乾燥しがちな場所です。
さらに衣服の擦れやシャンプーやボディソープの残りでもニキビになります。

 

なので、体を洗う際にしっかりと洗い流して、ピーチローズを使用し、保湿ケアしてあげてください。
そうすることで、マシュマロ美尻だけでなく美背中へ導くことが期待できます。

 

 

◇ピーチローズは脇の黒ずみにも使える?

 

ピーチローズは脇にも使えます。

 

お尻の黒ずみと同じように女性を悩ませるのが脇の黒ずみです。
脇に黒ずみがあると水着だけでなく、夏場は脇の露出する衣服を着るのが嫌になってしまうこともあります。

 

ピーチローズは脇の黒ずみにも効果が期待できます。
お尻の黒ずみは衣服の擦れ・ターンオーバーが乱れてメラニンを含む古い角質が排出されないことが原因になります。

 

脇もそういったことが原因で黒ずみになります。
さらに、脇のムダ毛を自己処理することで肌に負担をかけて黒ずみになることがあります。

 

なので、ピーチローズを使用してターンオーバーの乱れを整え、メラニンを含む古い角質もケアしながら肌を守るケアをしてみてください。

 

脇のムダ毛を自己処理した後に保湿をするためにピーチローズを使用するのがおすすめです。

 

 

◇ピーチローズは妊娠中・授乳中や妊娠線にも使える?

 

ピーチローズは医薬品ではないため、副作用の心配が少なく妊娠中・授乳中のケアにも使用することができます。
注意点として妊娠中や授乳中などはホルモンバランスによって体質が変わり、いままで問題なく使っていたスキンケアでも使えなくなることもあります。
ピーチローズを使用して肌荒れや赤み、かゆみが起こった場合には使用を中止してください。

 

また、ホルモンバランスによって皮脂が多く分泌されることがあります。
そうするとニキビができやすい状態になるため、お尻にニキビもできることがあります。
肌状況に注意しながら、ぜひピーチローズを妊娠中・授乳中のヒップケアに活用してみてください。

 

 

*ピーチローズは妊娠線・肉割れにも効果がある?

 

妊娠中にはお腹が大きくなることによって、皮膚が伸びてしまい妊娠線ができることがあります。
また、ホルモンバランスによって肌の弾力がなくなってしまいより、妊娠線ができやすい状態にもなっています。

 

妊娠線を予防するにはお腹が大きくなり始める頃から保湿ケアをするのがおすすめです。
ピーチローズならノンアルコール、パラベンフリーなど妊娠中でも安心して使用することができます。

 

また、急激な体重増加や急激なダイエットによっても肉割れができます。

 

これは妊娠線と同じように急激に皮膚が伸びてしまうことが原因です。
なので、ピーチローズは肉割れにも役立てることができます。

 

妊娠線・肉割れにもぜひピーチローズを役立ててみてください。

 

 

 

◇ピーチローズは生理中やデリケートゾーンにも使える?

 

ピーチローズはパラベンなど肌に負担をかける成分を配合しない無添加なので、低刺激でデリケートゾーンにも使用することができます。

 

生理中も妊娠中と同じようにホルモンバランスが崩れてしまい、おしりニキビができることがあります。
さらに、ナプキンを使用することで蒸れてデリケートゾーンが肌荒れになってしまうこともありますよね。

 

生理中のデリケートゾーンへの使い方はナプキンの交換の際に、べたつかない程度にピーチローズをなじませるのがおすすめです。
または、朝と夜だけでもピーチローズを塗ってみてください。

 

清潔に保ちながら、ぜひ生理中の肌荒れにもピーチローズを試してみて下さい。

 

 

◇ピーチローズは男性でも使える?

 

男性でもお尻にニキビができたり、ザラザラや黒ずみに悩まされます。
ピーチローズは女性だけでなく、もちろん男性も使えるヒップケア薬用美白ジェルです。

 

仕事が忙しくストレスが溜まっていたりするとホルモンバランスが乱れてしまい、ニキビができやすい状態になります。
通気性の良い衣類を着用しながら、しっかりとピーチローズでケアをするのがおすすめです。

 

 

男性・女性問わずにお尻や脇、ひじ、ひざなどの保湿や黒ずみ・ニキビに悩んでいる方はぜひピーチローズをケアに使用してみてください。