ピーチローズの成分について更に詳しく!

さてさて、ピーチローズの全貌(なぜお尻ニキビや黒ずみが解消されるのか)を解明していきたいと思っているのですが、まずは配合されている成分から見てみましょう。
実は販売サイトに全成分の表示がされていません。
成分って気になりませんか?成分について私は詳しくは知らないですが、それでも『全成分を見たい。』そう思いました。
というのも過去にインターネットで酵素を購入した時に販売されているページに妊婦も飲めると書いていたのに、届いた商品に妊婦は使用しないでと書かれていて、怒って電話したことがあるんです。
それ以来、箱に書かれている情報を調べる癖がついてしまって。。。
商品に書かれている記載情報について書かれた信頼できそうなサイトがなかったので、私は購入前に問い合わせて確認をしました。
同じように感じた方が、私と同じようにイチイチ問い合わせるのは面倒だと思うので、ここに全成分とパッケージに記載されている事項をを紹介しておきます。

■販売名
薬用ソヴール-01<医薬部外品>

■有効成分
グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス

■その他の成分
トレハロース、アラントイン天然ビタミンE、甘草フラボノイド、ステアロイルフィトスフィンゴシン、加水分解エラスチン液、水溶性コワーゲン液-4、加水分解コラーゲン末、ヒアルロン酸NA-2、加水分解ヒアルロン酸 、人参エキス、トウキエキス-1、エイジツエキス、ワレモコウエキス、桑エキス、シャクヤクエキス、アロエエキス-1 、クララエキス-1、カルボキビニルポリマー、水酸化K、BG、フェノキシエタノール、1,2ペンタンジオール、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、エチルヘキサン酸セチル、精製水、香料

ピーチローズの商品の構造メカニズム(どういう目的の成分が配合されているのか)についてですが、正直。。。販売サイトで提示されている以上の情報を持っていません。
じゃあ、あなたの説明よりも、販売者の説明を見たい。という素直な方

えっと。。。これで8割以上の方が販売サイトの方に移動されたのではないかと思います(笑)
残ってくださった約2割の皆様、ありがとうございますw
って本当に2割しか残ってなかったら悲しいです(ノД`)・゜・。このあとも私なりに大事なこと書いてるので是非読んでみてくださいw

と言っても
私が個人的に商品を成分分析機関(そういう機関ってあるのでしょうか)に出して販売者が持っていない成分分析情報をもっていたりしてない限り、販売サイト以上の情報を伝えるのって難しいと思っています。

私が補足できるなあっていうことも商品構造メカニズムに関してはあまりないのですが、1点だけ『これ大事』ってポイントだけ補足していますね。

補足しておきたいポイント

顔に使っているコスメがお尻に効かないか。なんですが、お尻の肌って分厚いんですよ。それこそ顔に比べると圧倒的に厚みがある。
だから保湿しようとしたら、肌の奥まで成分を届かせようと思ったら大変なんです。
イメージとしては細かい網目が5重に重なっていてその奥がゴールの顔と、細かい網目が30重になっていてその奥がゴールのお尻では保湿成分が目指すべきゴールの奥行が違うっていうのは想像できると思います。
5重の網目を超えるために成分を構成されている顔用のコスメでは30重構造のお尻肌の奥まで届かないんですね。そこまでの奥行を想定していないので。だからお尻の30重構造肌を突破できる低分子(分子の小さな成分)をしっかりと配合されていないとお尻のケアには効果が見られにくくなってしまうということです。

あとは。。。販売サイト見てくださいw手抜きとかじゃなくて、成分説明に関してはそれが一番わかりやすいと思います。
私がピーチローズを購入するときに他の方がレビューとして書かれているブログとかを参考に見たんですが、いやいや、販売サイトに書いていること書いているだけやん!ってツッコミ入れちゃった経験があるので、同じことにならないでおこうと思いましたのでw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です