シミ 原因 ソラレン

MENU

シミの原因となるソラレンについて

「ソラレン」とは光毒性物質(光によって活性化する物質)で、柑橘系に多く含まれています。
「果物?体にいいんじゃない?」と一般的に考えられがちですが朝食にソラレンを多く含む柑橘系の果物を食べるのは要注意。
というのも、ソラレンは紫外線への感受性を高めるのです。
つまり、紫外線を吸収しやすくなり、シミの原因を自ら作ってしまうことになります。
朝にソラレンを多く含むフルーツを食べて外出するのは、肌バリア力を落として紫外線の雨の中に飛び込むようなもの。

 

めちゃくちゃシミの敵なのです。

 

ソラレンを多く含む果実はざっと調べたところこんな感じ。

 

  • レモン
  • オレンジ
  • グレープルフルーツ
  • キウイ
  • いちじく
  • きゅうり
  • ライム
  • パセリ
  • セロリ
  • みつば
  • パセリ
  • しそ
  • クロレラ

など。特に皮の部分に多く含まれているので、皮ごと果実たっぷりスムジーを飲むとかはもってのほか。ビタミンCを取ることで抗酸化力がつくので紫外線も大丈夫なはず。。。なんですが、ビタミンCのプラスの要素を遥かに上回りソラレンが紫外線の感受性を高めちゃうのです。
ソラレンは摂取してから約2時間で血流に乗って全身へ行き渡ります。摂取してからの光毒性のピークは2時間。。。朝昼は危険ですね。。。ただし、6時間もすれば光毒性はなくなっているとか。
柑橘系の果物全般は、夕方から夜にかけて食べるようにしたいですね。
あとは気をつけなければならないのが蕎麦です。蕎麦にもソラレンが多く含まれます。昼食時の蕎麦は実は危険なんですね。。。