お尻ケア

MENU

お尻ケアのためのメカニズム

ピーチローズを使うとナゼお尻ニキビやお尻の黒ずみが解消されるのか。
メカニズムと言っても「お尻ケアのためのメカニズム(なぜ治るのか)」と「商品の構造メカニズム(どういう目的の成分が配合されているのか)」の2種類あると私的には思っていて、このページでは「お尻ケアのためのメカニズム(なぜ治るのか)」を取り上げたいと思います。
私の経験と、ピーチローズを使ったらこんな感じですよ〜。というのを臨場感を持ってお伝えしたかったのでモニター依頼をした「お隣さんで友人のYUKOちゃん」と「うちの旦那」のモニターレビュー記事もありますので是非読んでみてください。

 

自分自身と超身近な人の体験談から思ったのですが、
お尻ニキビや黒ずみを治すのに絶対にピーチローズを使う必要はないと思っています。

 

今、このサイトを見てくれている方にお伺いしたいのですが、『お尻って日頃からしっかりケアしていますか?』多分、されてない方がほとんどだと思います。私もそうでしたしYUKOちゃんも旦那もほとんどしてませんでした。3人とも綺麗にしているつもりでした。
そして、3人ともお尻が綺麗になってから意識が高まるからでしょうか、お尻のケアをするようになってからお尻ニキビの再発をしていません。

 

つまり、きっと、多分、いや、絶対。
お尻って最初からちゃんとケアしていたら綺麗なんだと思います。
ただ、みんなやらない。もっと適切な言葉でいうと“みんな出来ているつもりで出来ていない。”で、お尻にニキビが出来て恥ずかしいと思ったり、痛かったり痒かったり、黒ずんだりガサガサして初めてヤバイって思うわけですよね。

 

で、どうしようどうしよう。って毎日化粧水つけたりするのですがなかなか治らない。そして、専用ケアコスメのピーチローズを見つけて使ってみる。使ってみたらお尻が綺麗になった。ピーチローズすげ〜!!という方が多いんじゃないかなって思います。
いいクチコミばっかりで悪い口コミがほとんどないのはきっとそのためだと思います。

 

毎日脚にボディクリームを塗ってケアしている人が他のボディクリームに変えて脚に塗ってみる。そうなると比較するのは今まで使っていたボディクリームですよね。ところが今まで脚にボディクリームを塗っていなかった人がボディクリームを使用すると、ゼロまたはマイナスの状態からプラスになるので、ある程度のモノであれば絶対いい評価になると思うんです。

 

お尻ニキビが出来てしまってから気付くという特性と他にお尻ケア専門の商品がないということもありピーチローズが選ばれる、そしてお尻を研究しつづけ特化した商品であるからこそその効果は絶大でレビューがいいんだと思います。
お尻をきれいにしてそのあとケアをきちんとしてからお尻のトラブルに悩まなくなったので、あくまで予想の範囲を超えないのですが

 

お尻を手洗いにして
マッサージをして
保湿を気をつけてあげて
椅子に座ることが長いならクッション置いたりして
それを継続したら、保湿は市販の千円位のコスメでも半年くらいちゃんと継続したらお尻キレイになるんじゃないかと思います。

 

でも、なかなか実績が出ないものに対し、毎日継続するのって大変じゃないですか?これホントに綺麗になるのかな。って絶対疑問に思いますよね。そんな状態で半年以上の期間をかけてケアし続ける人ってほとんどいないんじゃないかと思います。
そこを例えば半年かかっていたのを2ヶ月とか3カ月に短縮してお尻をニキビや黒ずみを治しちゃう要素を持っているのがピーチローズだと思うんです。

 

『サイトのTOPページ』にも書いていますがお尻のニキビや黒ずみ対策に適したコスメの条件は4つあります。

  1. 成分の分子が小さなコスメ
  2. 保湿力の高い潤いバリアコスメ
  3. メラニン抑制で黒ずみケア
  4. 刺激の弱い無添加コスメ

ピーチローズはこの条件を満たして作られています。なぜならば、お尻ケア専門のコスメとして開発されたものなので開発者にとっては周知の事実だからです。各成分の配合量とかはわかりませんが、お尻ケアに必要な条件がわかっていてそれをすべて高レベルで満たしているんだと思います。

 

販売サイトのQ&Aにこういう項目があります。

塗ってみたらずいぶんベタつく気がします。

一般的にベタつかず清涼感のあるものはアルコール含有率が高いためで、逆にお肌には悪影響となってしまいます。ピーチローズではアルコールの無添加にこだわり、あえて美容成分を98.2%と高配合にしているため、最初はベタつきやすいですが、肌を押し込むように10〜20秒ほどマッサージして頂くことで、肌にスッと染み込んでいく様子をご体感頂けると思います。
アルコール含有用を増やせばベタつかないけど、お尻のケアを最優先に考えるなら無添加の方が大事だからそちらを優先しているってことですよね。

 

これって、お尻ケア専用じゃないとなかなかできないと思います。
口コミとかを見ててもそうなんだけど、使用した人ってめっちゃ早い段階で「これはイケるかも」って手ごたえを感じている人が多いようです。手応えがあるから続けられるし、続けるからお尻のお悩みを解決できるんだと思います。

 

これ、顔のニキビに置き換えるとわかりやすいかも。
顔にニキビが出来ました。きちんとケアし続ければ、治せますよね。でもニキビケア専門用品を使った方が圧倒的に短時間で確実に治す可能性が高くなる。例えばプロアクティブとかクレアラシルとか有名なニキビケア商品。
ケアの意識が顔とお尻の場合、お尻のケア意識は圧倒的に低いし、着席するとお尻ケアを阻害しちゃうけどどうしても座ることって多いから、お尻ケアの通常のケアだけで治すっていうのは難易度が余計に上がるイメージですね。
だからやっぱりピーチローズを使うのがいいと私は思っています。

マイナス肌をゼロ状態に戻す

ピーチローズを購入すると同梱されてくる資料やアドバイスメルマガにも書いているのですが、
マイナス肌をゼロに戻す。圧倒的短距離で。
それが商品の役割であり、他のコスメでは出来ないお尻ケアのためのメカニズムなんだと思います。
なんだか、長くなってしまいましたが次のページでは配合されている商品の構造メカニズムについてまとめてみたいと思います。