お尻 ニキビ

MENU

お尻ニキビの原因

お尻にブツブツ(ニキビ)ができるのは基本的には顔と同じで、毛穴が皮脂などで詰まりアクネ菌が繁殖することが原因です。
他にも原因はたくさんあります。

  • 汗による菌の繁殖
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 不衛生な衣服の着用
  • 食生活の偏り

 

お尻は刺激や擦れ、圧迫、蒸れなど、日々の生活で自然とダメージを受けることが多い場所のため、実は顔以上にお尻はブツブツが出来やすい要因が揃っているのです。

 

お尻ニキビを助長する日常行動

  • 長時間、イスや床に座ることが多い。
  • お尻をゴシゴシと強く洗っている。(洗いすぎる)
  • ボディクリームやローションでの保湿ケアをしていない。
  • 通気性の良くない下着を着用している。
  • 便座に座った後に何もケアをしない。

 

おしりニキビが出来ている方は、少なからずとも1個は当てはまるのではないでしょうか。複数該当するようであれば結構ピンチです。

 

細かくあげるとまだまだたくさんあるのですが、様々な要因により毛穴が皮脂などで詰まりアクネ菌が繁殖することが原因です。

 

All roads lead to Rome.(すべての道はローマに通ず。)これ聞いたことありますよね。同じように

 

“すべての日常生活はお尻トラブルに通ず”なのです。

 

 

 

お尻は下着や衣料による摩擦、座る度に受ける圧迫や汗の蒸れなど複雑なダメージを抱え続けています。しかも、お尻肌は乾燥しがちでターンオーバーが乱れやすく血行不良のより新陳代謝の低下も起こりやすいのです。
さらに角質肥厚と言われる乾燥した角質が肌表面に居座り続けることで重なる状態になりやすく黒ずみやシミの原因となってしまいがちです。

 

健康なお尻肌づくりには肌力向上が必須です。そのための潤い補給をしっかりするようにしましょう。

 

長時間座る事務職で働く人にありがちなお尻ニキビが出来るまで

日常生活は人それぞれのためすべてのケースを紹介するのは難しいのですが、事務職の人にありがちなお尻ニキビが出来るまでの流れをご紹介したいと思います。

 

  1. .刺激や擦れにより肌が刺激され角質化してしまいやすい。
  2. .角質が分厚くなり毛穴が皮膚にふさがれやすくなる。
  3. 蒸れることも助長してアクネ菌が繁殖しやすい状態になる。
  4. お尻にブツブツができる。

このケースの場合、4.のお尻にブツブツが出来るまで気付かないと思います。

 

お尻にブツブツのニキビが…
鏡で見たらお尻が黒ずんでいた…
お尻肌の状態がマイナス(正常時以下)になって初めて気付くケースです。

 

 

 

環境的には顔よりも厳しいにも関わらず顔よりも意識してケアすることも少なく清潔な状態が保たれにくいことがお尻のブツブツの最もたる原因といわれています。

 

繰り返しできるお尻ニキビや黒ずみがある状態というのは「お肌がマイナスの状態にある」ということですので、マイナスからゼロの状態へを戻すためにはやはり毎日のケアがとても重要なのです。

 

 

 

自宅で出来るお尻ニキビのケア方法についてはこちらをご覧ください