お尻ニキビ ケア

MENU

お尻ニキビのケア

お尻のブツブツニキビは毎日の生活の積み重ねでできちゃいます。自宅でできる簡単なケア方法をご紹介します。

 

自宅でのお尻ケア方法については主に2種類。『予防』と『治療』があります。

 

お尻ケア(予防編)

お尻ケアの予防は『お尻ニキビの原因』のページで紹介したお尻のトラブルの原因となる要因を避け、お尻ニキビを黒ずみをつくらせない環境を作ってあげることです。
具体的に見てみましょう。

お尻は強くこすらずに優しくマッサージをするように洗う

ゴシゴシと強すぎる刺激はNGです。できれば“絹のタオル”か“手”でマッサージするように洗ってあげてください。可能であればゆっくりと湯船に浸かり、毛穴を開いてから洗ってあげるとより効果的ですよ。

公衆トイレを使用する時は除菌シート・便座シートを使う。

便座は色んな菌がいる可能性があります。お尻のブツブツ(ニキビ)の原因アクネ菌をつれて帰ってきちゃうことも。除菌シートをカバンに入れておき座る前に便座を拭いてから使用しましょう。便座シートが備え付けてある場合はセットは面倒ですが必ず使用するようにしましょう。
和式の便座があるのであればそちらを使用する方がお尻にとっては安心です。

通気性の良い下着を履く

長時間の蒸れはトラブルの原因です。できれば綿100%がいいですね。ナイロン100%とかだと擦れ、蒸れの原因になり最悪です。最近は綿100%でもおしゃれな下着が販売されていますので綿100%に限りなく近いものをチョイスしたいですね。
蒸れだけに着目した場合、Tバックの下着もオススメですが、ジーンズなどを履くときはデニム生地がお尻を摩擦してしまう可能性もありますのでTバック着用の時はスキニーパンツなどお尻に刺激を与えにくいものを履くようにしましょう。

長時間座るときは座布団やクッションを使用する。

長時間の着席は蒸れの原因となります。イスとお尻の間に空気が流れる環境を作ることで蒸れを防ぎましょう。
上記はお尻のトラブルの原因を作らないための対策です。もっと直接的に『治す』ということであればお尻専用のケア商品を使用しましょう。

お尻ケア(治療編)

お尻の健康な肌作りをするにはしっかりと潤いを補給して肌力を向上させることがとても大事です。
でも・・・お風呂上りにお尻にもボディクリームを塗っているのにお尻にブツブツ(ニキビ)ができた。治らない。という経験をした人は多いようです。実は、日常生活で刺激を受け続け厚くなったお尻のお肌の奥(角質層)までしかかりと保湿成分を届けるのは一般的なクリームや化粧水では難しいのです。
お尻をケアするコスメの選択方法は

  • 成分の分子が小さなコスメ
  • 保湿力の高い潤いバリアコスメ
  • メラニン抑制で黒ずみケア
  • 刺激の弱い無添加コスメ

でしたね。

 

 

とは言っても、購入する(使用している)コスメが上記に当てはまるのかどうかを確認するのは大変です。管理人的には尻ケア専用ジェル「ピーチローズ」をオススメします。
ピーチローズはお尻ケア専用のジェルでお尻の肌特性に合わせて開発されただけあって上記4項目は全てクリアしており、お尻のケアには最も適しいていると思います。
正常なお肌のターンオーバーは28日周期と言われますが、お尻のターンオーバーは45〜90日と遅くなりがちです。真皮にまで成分を届けてくれるコスメで2ヶ月は継続してケアしてあげるのがいいでしょう。(私はピーチローズを使用して約2ヶ月で綺麗になりました。早い人だと2週間くらいでキレイになる人もいるようですよ。)

 

ピーチローズは超低分子ヒアルロン酸やコラーゲンが肉厚なお尻の角質に負けずしっかり保湿してニキビを予防。シャクヤクエキスをはじめとした8種の植物性美白成分がシミ、黒ずみなどを防ぎ、白くキメこまやかな肌を保ち、プラセンタ・セラミドが、ぷるんと弾んだハリのある健やかな肌へ導いてくれるお尻のためのコスメです。
管理的には『お尻ケア=ピーチローズ』の図式は鉄板だと思っています。

 

お尻にはお尻のケアが必要です。専用ジェルを使用しお尻ニキビや黒ずみ、シミを改善することが美尻を手に入れる最短ルート。ですよ。
ピーチローズについての情報をまとめていますのでお尻のニキビや黒ずみ、シミなどでお悩みの方は見る価値は十分あると思います。是非ご覧下さい。